2015年

8月

03日

カンパをお寄せいただいた皆様へ

私たちは20146月に漁協組合の赤字補填のための緊急キャンペーンを立ち上げ、1ヶ月後には、みなさまのご協力で無事に目標を達成することができました。

思いがけないことにその後も「みんなの海の会」の口座にお振り込みいただき、今年も66の皆様からの544,006のカンパ金をお届けしました。詳しくは、HP内の応援金の報告をご覧ください。http://bit.ly/1Hnhbxk

今後はわたしたちも一支援者として島民の会を支えて行くつもりでおります。島民の会ではカンパを随時、受け付けておられます。

   郵便振替 加入者名:祝島島民の会(イワイシマトウミンノカイ)

                  口座番号:01390-4-67782

今後のお気持ちは、上記の口座にご送付ください。

みんなの海の会 

湯浅正恵・纐纈あや・山秋真

0 コメント

2014年

10月

18日

「祝島関連記事」にリンクを追加しました。

「祝島関連記事」に、カンパキャンペーンについて、経緯もふくめ記載したコラムへのリンクを追加しました。ぜひこちらをご覧ください。

 

2014年

10月

12日

キャンペーン御礼

 みんなの海の会では、キャンペーンにご協力いただいた方でご住所がわかる方に、ご報告と御礼の手紙を送付させていただきました。カンパをお寄せいただい た方の中には、インターネットを使わない、またインターネット使ってもこのホームページをご覧いただいていない方がいらっしゃいます。そうした方々に、 やっとキャンペーンの結果をご報告しお礼の言葉を届けることできました。

続きを読む

 

 

「みんなの海じゃ。金では売らん!」

                           ― 32年目の祝島がピンチです

 

瀬戸内海に浮かぶハート形の島、祝島。

島民9割が、人生を賭け世代を超えて、上関の原発計画を拒みつづけています。その闘いが、東電の原発事故後、今なお正念場です。

 

海は売っちょらん!

祝島の漁師さんは、中国電力からの108千万円の漁業補償金の受けとりを拒みつづけてきました。漁師さんの明確な意思表示です。このことが原発計画を止める切り札となってきました。けれど今、祝島の漁師さんが追いつめられています。

 

祝島支店の2013年度の赤字は約1,000万円。

高齢化過疎化が進み、水揚げは減り、魚価は低迷。山口県漁協により作られた構造的な赤字も加わり、県漁協祝島支店(旧祝島漁協)の運営は破綻寸前です。数年前から、この赤字を組合員が個人で補填しています。年金をつぎ込み、組合員をつづける漁師さんが大半です。議決権のある正組合員の、少なくとも過半数の意思表示がなければ、補償金を拒めないからです。今年はついに個人での赤字負担が20万円近くになることがわかりました。支払い期限は7月の末日。もう祝島の漁師さんたちだけで背負うのは限界です。

 

みんなの海を私も守る。

私たちのカンパで、志ある漁師さんたちが組合員をつづけ原発を拒みとおすことができます。「補償金を受けとるしかない」と思いつめていた漁師さんの気持ちも変わるかもしれません。ひとりでも多くの漁師さんが補償金を拒めば、漁協の運営改革の議論が可能となります。目標額は500万円。海の日の721日、祝島の漁師さんへ届けましょう。

 

湯浅正恵(広島・上関リンク発起人)

山秋真(『原発をつくらせない人びと』著者)

                                                                      纐纈あや(映画『祝の島』監督)